健康維持に繋げよう

夏に起こりやすいと言われる夏バテですが、冷たいものをたくさん摂取することが主な原因です。 夏バテを予防するためには、内臓機能を疲れさせないことがコツだと覚えおきましょう。 そのためによく噛んで食べたり、良い効果を発揮できるものを摂取したりしてください。

身体が太って見えてしまう

夏は汗をかいて痩せるかと思いきや、実は太る人が多いです。 それは身体に余計な水分や老廃物が溜まり、むくんでいることが原因というケースが多く、むくみを解消することでスラリとした身体になれます。 むくみも冷たいものの過剰摂取に問題があるので、生活を改善しましょう。

温める効果があるドリンク

温度は冷たくても、身体を温める効果があるドリンクがあります。 それならたくさん飲んでも、身体を冷やしすぎることはありません。 夏に冷たいものを飲むなら、それらを選択しましょう。 さらにしっかりと靴下や上着を活用して、直接身体を温めるのも効果があります。

内臓の働きを促進しよう

気温が高くなると、身体を内側から冷やそうと冷たい飲み物ばかり摂取すると思います。
しかしそれが続くと、内臓の機能に負担を与えます。
すると食べたものをうまく消化できず、胃もたれを感じたり食欲が低下したりするかもしれません。
それが、夏バテの原因だと覚えておきましょう。
このような症状を起こさないためには、内臓機能の働きを促進する食べ物を積極的に摂取することをおすすめします。
またよく噛んで、食べすぎないように意識しましょう。

また冷たいものばかり摂取して体温が低下すると、血流が悪くなります。
するとむくみの原因になるので、見た目に悪影響を及ぼします。
夏太りを気にしている人は、血流が悪くなったことが原因だと考えられます。
ですから真夏でも、冷たいものばかり選ぶことは避けましょう。
できれば温かいものが良いですが、真夏にそのような温度のものを摂取するのは辛いと思います。
そこで、ぬるい温度のものを選んでください。

どうしても冷たいものを飲みたい時は、ココアや紅茶などを選んでください。
それらは冷たくても、身体を温める効果があると言われています。
逆にコーヒーや緑茶は身体を冷やす効果があり、夏バテの防止にはおすすめできません。
しかし無理に温かいものや、ココアや紅茶を選択する必要はありません。
我慢するとストレスになるので、生活習慣を少しずつ変えましょう。
冷たいものを飲む時に上着を羽織ったり、ひざ掛けを使ったりするのも良い方法です。