健康維持に繋げよう

摂取のしすぎは良くない

夏になると食欲が低下したり、身体がだるいと感じたりします。
これらの症状を夏バテと言いますが、原因はアイスや冷たい飲み物の過剰摂取だと言われています。
短時間で大量に冷たいものを摂取することで内臓が機能しなくなり、胃の中のものを消化しにくくなってしまいます。
それが食欲不振や胸焼けに繋がるので、暑いからと冷たいものばかり摂取することは控えてください。

また夏バテを起こしやすい時期は、特に食べ物をよく噛んで食べることを心がけましょう。
細かく食べ物をすり潰してから胃に送ると、スムーズに消化できます。
夏はそうめんや冷やし中華など、さっぱりしたものを食べたくなります。
しかし、流し込むように食べることはやめましょう。

おすすめの食べ物とは

ビタミンBが含まれる食べ物は、内臓機能の働きを助けてくれます。
豚肉やレバー、ウナギなどに多く含まれているので、夏バテを起こしやすい時期は積極的に食べてください。
さらに野菜にも豊富なビタミンが含まれており、夏バテの防止に効果を発揮します。
栄養バランスを考えて、毎食の献立を決めましょう。

また胃に負担を与えないよう、冷たいものは少しずつゆっくり食べると良いですね。
そのように食べれば、冷たいものだって怖くありません。
特にアイスを一気に食べたり、冷たい飲み物をガブ飲みしたりすると胃への負担が大きくなります。
そして冷房が効いている部屋で冷たいものを過剰摂取すると、すぐ身体への悪影響が出るので気を付けてください。