温める効果があるドリンク

ココアや紅茶なら安心

コーヒーや緑茶を飲みながら、仕事に取り組む人が見られます。
しかし冷房が効いている職場で、コーヒーや緑茶などの身体を冷やすドリンクを摂取するとすぐに身体が冷えて、夏バテを起こしてしまいます。
そこで、夏はココアや紅茶に切り替えてください。
ココアや紅茶は、身体を温める効果を期待できます。
ドリンクの温度が低くても効果は変わらないので、それなら体温が低下したり、内臓機能に悪影響を与えたりしません。

特にショウガを入れたココアや紅茶は、身体を温める効果が大きいです。
チューブのショウガでも良いので常に持ち歩き、ドリンクに入れましょう。
さらにココアや紅茶にはポリフェノールも豊富に含まれており、美容や健康を意識している人におすすめです。

靴下をきちんと履くこと

意識していても気温が高いと冷たいものを飲んだり、アイスを食べたくなったりすると思います。
その時は、無理にガマンしないでください。
無理をすると身体にストレスを与えるので、時々は摂取して心の平穏を保ちましょう。
ただ摂取する際は、身体を温めることを忘れてはいけません。
夏はサンダルを履くので、靴下を履かない人が多いです。

しかし足先が冷えると血流が悪くなるので、きちんと履いてください。
さらにカーディガンを羽織ったり、ひざ掛けを使ったりすることでも身体を温められます。
外は暑くても職場は冷房が効いており、体温が急激に低下するかもしれません。
その中で冷たいものを飲むとさらに身体が冷えるので、上着やひざ掛けを常に職場に置きましょう。